FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
もしも...
もしも...


ベッドの上に脱ぎ捨てたジャケットから
染みついた煙草のニオイが今日を思い出させる
ざらついた心 逆撫でしていく

もしも コトバが解ったなら
キミはいったいどう言うのだろう
だけどなにも言わずに見つめて
こぼれた涙を舐めてくれたんだ
um...um...um...

ただ黙ったままで寄り添って 甘えていてくれる
そんな時間がボクに戻れる 交わせない優しいネコナデ

思い通りにいかない日は
ボクはついつい苛々してて
クルクル変わる天気みたいに
突然降り出し 雨宿りさせる

もしも 傘もさせないのなら
キミはいったいどうするのだろう
だけどなにも言わずに佇んで
よごれた体を震わせただけ
um...um...um...

秒針が耳を劈くように大きく鳴り響く
抱き寄せたままで温めた 交わさずに優しくネコナデ
um...um...um...

ただ黙ったままで寄り添って 甘えていてくれる
そんな時間がボクに戻れる 交わせない優しいネコナデ
um...um...um...
スポンサーサイト
歌詞 / Trackback(0) / Cooment(0)
<< 風になって  | home | ロケット >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。